金儲け総合研究所

ネットショップマニュアル

ネットショップの方法、成功法などを掲載しています。ネットショップで儲かっている会社は多くありません。ほとんどが閑古鳥が泣いている状態です。しかし、ネットショップで成功を収めている人は桁違いに利益を上げています。ネットショップは儲かる人は儲かるのですが儲からない人はまったく儲からない世界です。ネットショップに社運をかけるなら絶対に知っておかなければならない情報が満載です。

ネットショップとは
ネット上では、今やあらゆる商品が販売されています。そのWebサイトがネットショップです。ネットショップは、実際の店舗と同じように専門店もあれば、なんでも屋のような店もあります。買いたい物に応じて、ネットショップを選んで分野毎、あるいは商品名で検索すれば対象商品が画面上に紹介されます。ショップによって、売値が違いますので、その比較もネット上で簡単にできます。後は郵送先と支払方法を指定すれば、注文完了となります。

支払方法もいろいろな方法に対応してくれているものです。代金引換郵便、銀行振込、クレジットカード、さらには電子マネーが使えるショップも登場しています。ただ、電子マネーについてはまだまだセキュリティ面で開発途上といわれてますので一般的にはなっていません。配達してもらうのですから郵送料はかかりますが、まとめて買えば送料無料にしてくれるショップも多いようです。

手に取って確認することこそできませんが、手に取る必要もない商品はネットショッピングが主流になっているともいわれてます。当然ながら、かさばる物や重たい物の需要も多くなっています。不動産も人件費もかかりませんから、その分、商品も割安になっているのです。

ネット環境の改善とともに、利用者数も膨らんでいて大きな市場を展開するようになっています。今では普通に店舗を構えていても、並行してネットショッピングをしなければどの業界でも生き残れないともささやかれています。そのようなネットショップも溢れかえるようになっていますので、その全てが儲かってもいなくなっています。

これからネットショップを開こうとするならば、既存店の大きな壁を打ち破るべく対策を講じなければ、市場に参入する余地は少なくなっているのです。ネットショップといっても、その形態にはいくつか種類もあります。まずは、どの形態で開店にこぎつけるのか、そこから検討することになります。その他、儲かるネットショップににするためには、いろいろな工夫もしなければなりません。

ネットショップを始めるには
まずは、法的規制をクリアしましょう。普通に店を開く際には、各種届出の提出もしくは許認可を受けなければいけないものです。それがネットショップだからと言って、不要になることはありません。取扱う商品によってそれは違いますので、事前に確認をしておくことです。

基本的に自ら加工する食品類は保健所へ、ペットも種類によっては保健所に届け出を出す必要があります。中古品であれば、古物商の許可を、酒類であれば、一般酒類小売業の免許と酒類の通販の免許が必要になります。

ネットショップでは、パソコンが店舗の代わりをするわけです。パソコンは、デスクトップ型の方が、値段も安く性能も良く画面も大きいです。顧客情報データが消えるとトラブルになりますので、バックアップは欠かせません。そこで、CD-RW、DVD-RW等のドライブ付きにしておきます。プリンタももちろん必要です。デジタルカメラは、露出とズーム性能の良いもの画像修正もしっかりできる高機能のものにします。

ネットショップのハード面は以上の通りですが、そもそもどのようなシステムで展開するのかを決めておかなければいけません。ネットショップと言っても、以下の3つの形態があります。

パッケージソフト
ネットショップの開業から運営までをしてくれるソフトを購入します。商品カゴに入れて精算して発注までできるようになっているものです。それこそネットショップでも販売しています。
レンタルショッピングカート(ASP)
ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)がショッピングカートと受注管理システムを提供してくれる方式です。ホームページ作成ソフト等により、自分で商品ページを作成する必要があります。利用料はかかります。
モール(ネットショップ出店ASP)
ネット上でデパートを開いてるところに、出店させてもらうというイメージになります。ホームページを作成する必要もありませんが、利用料はASPよりも高額になります。

ネットショップの成功例
ネットショップで成功すれば、お金のかかる店舗も人も要りませんから、売り上げがすぐにそのまま利益となりやすいのです。ところが実際には、それほど多くの人は成功していません。まず判断するべき問題点に、ネットショップの形態があります。

どれもそれぞれに特色があって一概に評価はできませんので、自分の得意とするところを活かせる形態で出店することです。それはショップで取り扱う商品、規模、予算等によっても選択は変わるものです。
なんとなく流行でとか、人に勧められたからとかではなく確固たる数字が出せる根拠によることです。

主なネットショップの種類は、パッケージソフト、レンタルショッピングカート(ASP)、モール(ネットショップ出店ASP)の3つです。このうち、自分のニーズに合った種類を選びましょう。ここでは、楽天市場に出店し成功を手にした方の体験談を紹介します。

楽天市場に出店しようと思ったのは、楽天でダメなら元々という気概があったからです。楽天市場で成功すれば、顧客数も期待できるという見通しもありました。でも、気持ちだけで成功するほど甘くないと思ってましたので、何か他と違うことをしなくてはいけないとは思ってました。これも今でこそ普通と言われるかもしれませんが、商品の説明を詳しくしてみたのです。

数あるショップの中から自分のショップの商品を購入する気にならせるためには、それしかないと思ったのです。それも、良い商品を提供したいと言う気持ちあってこそできたことです。いくら安くても良く分からない商品を載せていたのでは、良い商品とは思われません。商品の使い方の案内まで、載せておきました。これが良かったのだと思います。

売れる前から気持ちを入れ込みましたので、商品レビューも良いものばかりになっています。これがまた新たな顧客になってくれているようです。また、商品で気付いた点も指摘してくれますので、前向きに捉えています。おかげさまで、商品のより詳しい情報や商品そのものの改善にも取り組めています。

ネットショップの失敗例
普通に店舗で上手く経営しているからといって、ネットショップに手を出したところが、全くだめということがあります。ネットショップは、今では飽和状態です。これから開業しても、既存のショップから市場を奪うことがどれだけできるのかにかかってきます

既存のショップも競争に打ち勝って残っているショップですから、それは気合いも必要です。ノウハウだけを学んで、ちょっとネットに詳しいから大丈夫と参入してみただけの人はことごとく撤退しています

具体的な原因もさまざまにあります。その一つに、顧客を取り込む工夫が足りない、取り込んだ顧客への対応がまずい、顧客がリピーターにならないというのがあります。やはりお客様が第一です。他にも在庫数や利益率等の商品管理の問題もあります。経営自体を人任せにしてしまったり、独自の路線を打ち出せなかったりして挫折する場合もあるようです。

あるサプリメント専門店の失敗例があります。新製品で販売も好調に進んでいることから、ネット販売に手を広げたのです。一挙に全国市場に展開ができると踏んだのです。そこで、とりあえず宣伝第一だと、広告費をかけました。しばらくして広告費を約半分に押し下げてみたところで、ようやく利益が出始めたのです。

しかし、やっと回転しているような状態でしたので、商品名だけの広告に切り替えてみました。これで利益らしい利益が出るようになったのです。しかし、その後1年してもトータルでの損失が埋めきれず、閉店に追い込まれました。そのまま継続しても、損失回収するだけでも効率的でないということになったのです。

この場合、甘い見通しによる広告費の使いすぎにあったといえます。ただ、なんとなくこれくらいであれば的な計画であってはならないのです。経費はこれ以上は使わない、それに対し売り上げはこれ以上出さなければならないとの観点に乏しかったのです。普通に店舗を経営するのと同じで、ネットショップだから大丈夫とかいう、勝手な思い込みだけはしないようにしましょう


マニュアル特集





★★★注目★★★
年商1000万円ネットショップ構築マニュアル 年商1000万円ネットショップ構築マニュアル
コスト:16,000円
さまざまなネットショップに関する方法を得る
資金・商材ゼロからのネットショップ開業法 資金・商材ゼロからのネットショップ開業法
コスト:15,000円
簡単に豊富な商材を取り扱ったネットショップを開業
今すぐ使えるテンプレートセット 今すぐ使えるテンプレートセット
コスト:19,800円
ゼロからホームページが自由自在に作れる
ネタが無くても開業できるネットショップ ネタが無くても開業できるネットショップ
コスト:19,800円
たった三ヶ月で 668,936円 稼いだ秘密




金儲け総合研究所