金儲け総合研究所

アフィリエイトマニュアル

アフィリエイトとは
ネットビジネスに疎い人でも、アフィリエイトなら聞いたことがあると言う人も多いものです。アフェリエイトはネットビジネス界の王道を走っています。アフェリエイトの意味は、提携等といったもので、分かりやすく解釈すると「成功報酬型広告」といえます。簡単に言えば、Webサイトやメールマガジン等にリンクを張るのが仕事になるのです。

そのWebサイトやメールマガジン等を開いた人が、そのリンクを経由して会員登録したり商品を購入してくれることがあります。その場合、そのリンクを貼った企業から成功報酬が支払われるというシステムになっているのです。

することはいたって簡単ですが、実際にそれだけでどれだけの収入になるのか疑問になるものではあります。既にそのようなことはいたるところで行われているでしょうし、稼げる人は確かに稼げているようです。これから参入するには、どのようなWebサイトやメールマガジンにどのような会社のリンクを貼れば良いのかが問題になります。

いずれにせよ、簡単で安全なことのメリットは揺るぎません。リンクの貼り具合だけで上手くいきさえすれば、多額の収入が得られるはずです。それが失敗しても、全然稼げないだけでマイナスになることもないのです。ですから、この頃のツイッターやフェイスブック等の利用者の増加とともにアフェリエイターも増えています。このような無料のツールによって、ネットビジネスを身近なものに感じられるようになったのです。

アフィリエイトは、大きく分けて以下の4種類に分けられます。
1.成果報酬型
商品の購入やサービスの利用、資料請求等のアクションの発生する度に報酬が発生するタイプです。
2.クリック保証型
商品の購入等何もなくても、リンクがクリックされただけで報酬が発生するタイプです。
3.インプレッション型
広告が表示されるだけで、報酬が発生するタイプです。近年、減っています。
4.ライフタイムコミッション型
リンクを貼っているだけで、報酬が発生し続けるタイプです。これは少ないです。

アフィリエイトを始めるには
アフィリエイトをするには、ブログ等のサイトにどこかの広告を貼るのですが、もちろん、勝手にできるわけではありません。そこに交渉が入りますが、それは個人ではできるものではありません。そこで仲介をする会社つまり広告代理店の一種ですが、そこに頼ることになります。それが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)というサービス会社です。

まず、そのASPに個人を登録しなければいけません。ASPも申請があれば誰でも登録するのではありません。ASP会社も、そのアフェリエイト人気から数が増え、今では数百社にも昇っているといわれてます。中にはブログ等を持っていないと登録してくれない場合も会社によってはあるようです。
その場合は、ブログを立ち上げることです。また、登録料や紹介料等の条件に差がありますので、数社登録して比較しながら使うのも良いです。

業界の中では老舗でNo.1といわれている会社が「A8.net」です。A8.netはファンコミュニケーションズという会社が運営しています。提携している広告主は1万以上といわれます。登録は無料でブログ等の媒体の審査もありません。ハードルも低くしてくれてありますので、初心者でも安心に登録できます。

登録が完了すれば、広告選びをします。いろいろな広告が紹介されていますが、広告毎に、報酬条件、報酬金額が決まっています。それらをチェックして自分で好きな広告、成果の期待できそうな広告を選択することになります。

出したい広告を決めたら、広告リンクを作成します。その時に自分専用となるアフェリエイトタグなるものが出てきますが、これが必要になるのです。これをブログ等に貼り付ければ、自分専用の広告の完成となるのです。もう後は、他にすることはありません。この独自のアフェリエイトタグから、自動的に成績が割り出されるのです。その結果に応じた報酬が支払われるというシステムになっているのです。

アフィリエイト成功例
アフィリエイトで年収100万円といえば、かなりの成功者です。実際、10万円でも十分成功者の内に入っているでしょう。やってることが簡単ですからそれくらいで当然のようにも思えますが、意外に厳しいともいえます。

成功する事例は、タイトルキーワードにライバルが少ない、あるいはいない事例です。ところが、なぜか人気の商標のキーワードに群がります。それも分かります。素直に人気のある市場に乗っかるのは、初心者の王道ともいえます。

それは市場がまだ伸びる早めの段階でならかまいませんが、既に飽和しきっているような状態で参入しても手遅れです。もっと腕の優れたアフィリエイターは、既にそこで稼いでいるはずです。こうしてみると、早い段階での人気市場への参入は、個人では難しいものがあるのです。

そこで、人の後ろをおいかけるのではなく、人の前を歩こうとすることです。
それには、自分の得意分野を見つけなければいけません。その分野なら一歩先をいけるという強みがなくては、アフィリエイトで大きな成功は望めないのです。言わば、マニアックな世界を持つことです。

ASPでも今まで取り引きの少ない商品を広告にすると、競合相手が少なくなります。その商品に魅力さえあれば、独占状態になることも考えられるのです。
アフィリエイトでは、キーワードこそが売り物になっているのです。ありふれたものでなく、斬新で後から注目を浴びるようなキーワードを探しましょう。

自分の得意とする特定の分野に関心がある人と、いかに通じ合えるかということを考えてみましょう。どのワードを使えば、それができるかを真剣に探し出すのです。そうして見つけたワードがキーワードとなって、アフィリエイトの商品になるわけです。

思いついたいろんなワードを書き殴ってみましょう。だんだんと通じ合えるようになるものです。こうして、市場の人とコミュニケーションの取れる人になっていきましょう。これが成功の秘訣です。

アフェリエイトの失敗例
巷に溢れるアフィリエイトという副業に釣られてみたものの、成果のほとんど上がらない人も多いものです。これらの人に共通しているのは、語彙が足らないに尽きます。しかも、それだけではありません。以下のような基本的条件も満たしていないのです。

1.そもそもパソコンが苦手である
アップロードやサイトの管理等の全くのパソコン初心者ではさすがに難しいものです。

2.コピーセンスがない
アフィリエイトには、思わずリンクしてくれるようなリンク先の企業の宣伝文を載せたいものです。それはその人だけの発するコピーでなければ、なぜか受けないものなのです。

3.ブログ等へのアクセスが少ない
アフィリエイトの最初のステップを上がってくれなければ、リンクも何も始まりません。それだけ人が覗きに来てもらえるようなブログ等作りが、第一歩になるのです。どうしたら人気が出るのか、腰を据えて取り組むべきなのです。そのため、けっこう時間と労力を割かれる場合もあります

人気が出るまでには、サイトの中身を更新して注目を浴びるべく努力も欠かせません。SEO対策もすればするほどアクセスも増えますが、何もしなければ期待はできません。簡単なイメージとは裏腹に、やはり一からの地道な努力が欠かせないのです。

4.見通しが甘い
売れる商品の広告を出したつもりでも、思うようにはいかないものです。
ネットショッピングの世界の流行廃れは早いものとタイミングを逸しては稼げません。上昇段階なのかピークを過ぎて下降に転じているのかの見極めが肝心です。思ったように稼げないからと、素早く広告を切り変えてもその瞬間になってから売れ始めることだってあります。そんなことが繰り返されると、自分には才能がないとアフィリエイト界から去ってしまう人もいます。

このような失敗をあらかじめ知っておけば、失敗の予防になります
これからアフィリエイトで稼ごうとするなら、失敗さえしなければ成功あるのみです。少なくとも初期投資は知れてますから、大きく損することもないのです。


マニュアル特集





★★★オススメ★★★
★★価値あり★★
★微妙&未知数★




金儲け総合研究所