金儲け総合研究所

ネットショップでよくあるトラブル

ネットショップお客さんとお店とのやり取りになりますので様々なトラブルが予想されます。お客さんへの配慮などその際の対処法を考えていきたいと思います。

同業者が購入してくる

偵察のため、転売のためなど様々なことが考えられますが、購入してくれるならお客様です。そもそも転売にしてもあなたが納得した価格で購入してくれるのですからあなた自身は得をしますし、転売するにしてもあなた以上の安価で販売することは出来ないはずです。逆に有難いお客さんになる可能性があるので大事にしたほうが良いです。

返品について

気に入らない、破損していたなど様々な原因で返品の可能性があります。こちらに問題があった場合は速やかに返品に応じなければなりませんが、返品期間を定めておかなければきりがありません。期間内での返品が可能なことをどこかに明記しておくべきです。また、お客さん都合の返品は送料を負担してもらわなければ経営を苦しめることになりかねませんのでそのことについても明記しなければなりません。返品時の送料は基本的に配達前なら佐川急便以外は無料ですが配達が完了した場合は定額の運賃で返品されてきます。

取り込み詐欺

取り込み詐欺のパターンは決まっています。最初は数個の購入で、徐々に購入数が増えていきます。その際、後払いを要求してきます。1回目はきちんと払う詐欺もいますが、2度目で大量注文してそのまま支払われないということが多いみたいです。完全前金制度にすれば防げますのでどんなに優良なお客さんであっても前払いを徹底するようにします。

フリーメールでのいたずら購入

買う気がないにも関わらず購入するいたずらもないとも言えません。悪質で営業にも支障が出ているようなら警察に相談するようにします。フリーメールでも被害者はプロバイダの責任により発信者情報の開示請求が出来ますので犯人が特定できるかもしれません。プロバイダにも被害届を出してみてください。

成り済まし注文

実在の人物を語って注文し、発送後にお客さんから注文していないとクレームが入ることがあるみたいです。お客さんに電話で確認してみてください。家族が購入しているかも知れません。しかし、成り済ましだと判った時には警察のハイテク犯罪対策センターに相談します。

お客さんからの返信メールが来ない

返信メールが必要な場合はそのことを分りやすく目立つところで明記しなければお客さんはメールの返信が必要なことに気がついていない場合が多いです。そして、メールが来ない場合は基本的には3,4日は待ちます。毎日メールを確認しない人もいるのです。3,4日待って返信が無い場合のみ低姿勢での催促メールを再度送信するのがベストです。

不明な入金がある

購入者リストには載っていない人からの入金もあるみたいです。後でトラブルになる前に警察に相談しましょう。その際、購入者リストに漏れがないかもしっかりチェックします。

多い入金、少ない入金

お客さんが間違えた金額で入金されることが結構あるみたいです。少ない場合はそのことを低調に伝え、再度、振込みをお願いします。多い場合、手数料を差し引いた分の返金か、次回購入時の値引きかなど選択肢を与え、相談するのが一番の得策です。

ネットショップで成功する方法

ネットショップで金儲け
ネットショップを開業しよう
ショップ開業ソフト
送料について
A8netを利用しよう
出店サイトを利用しよう
ネットショップで金儲けしよう
集客・売上率を上げる
よくあるトラブル
ドロップショッピング




金儲け総合研究所