金儲け総合研究所

信用取引


信用取引とは証券会社に担保(委託保証金)を預け入れ、それを元に資金や株を借りて行う取引少ない手元資金で大きな取引をすることが可能な制度。追い証が発生する可能性もある

信用買い


株価が予想に反して下降した場合、売却して損を確定させるか、
追証を支払い、継続させるか選択できる。


信用売り

信用買いとは逆に先に証券会社に株を借りて売却をし、後で買い戻す制度
信用取引ならではの方法。株価が下がったときに利益が出る
銘柄により、信用売りができるものとできないものがある

信用取引の種類は2種類ある

制度信用取引一般信用取引
制度信用取引は金利、品貸し料、弁済期限(6ヶ月)など決められており、証券取引所が決めた銘柄に限られているのに対し、一般信用取引は証券会社との間で自由に合意することができ上場廃止・登録取消基準に該当した銘柄以外は原則すべて取引できる



信用取引は手持ち資金の約3倍の売買をすることができます。
つまり、30万円の保証金で90万円の取引ができる

ハイリスクハイリターンだと思われがちな信用取引


単純に信用取引を説明する場合下記のようなことではあるが

300円1000株単位の株を購入した場合


信用取引の賢い使い方
※例に挙げるものはすべて30万円が自己資金の場合
株価下落局面でも儲ける


下落、上昇ともに儲けを狙う方法。ここで予算外の90万円を購入するとハイリスク、ハイリターンの危ない信用取引となる。予算内の30万で続けるのが賢い信用取引の方法

買いヘッジ
あと少しでボーナス、この株を買いたい時に使う。ほしいと思った株が上昇しそうな場合、貴方のボーナスまで上昇期は待ってくれません。そんなときに信用取引を使う

ここでも、もちろんボーナスの金額より多く買うことはしない

つなぎ売り
下落場面でも保有しておきたい株を持っているときに使う(例えば株主優待など)

株主優待確定日を目前に下落の可能性がある場合など、確実に優待を得たい場合に所有株と同じ数を信用売りすることにより、株価変動に動かされなく優待を受ける事ができる。

信用取引とは身の丈以上の取引もできるが、現物取引のリスクを軽減させる使用方法もあるので一概にハイリスク・ハイリターンの金儲けということではない


株式投資の成功方法


株式投資
株式投資で金儲けとは
投資を始める前に
株を買ってみよう
株を売ってみよう
デイトレードとは
信用取引とは
四季報を解説します
チャートを解説します
投資信託で金儲け
外国為替証拠金取引(FX)
IPO新規公開株で金儲け
証券会社の口座を作ろう
株式投資ノウハウ集テクニック
FX証券会社一覧




金儲け総合研究所