金儲け総合研究所

個人事業にする?法人にする?

さてあなたは独立して個人事業として開業していくのか?法人にして開業するのか?独立形態を選択しなければなりません。これは個人事業のほうがいいとも法人にしたほうがいいとも一概に言えません。それぞれ長所、短所があるからです。

始める時の簡単さでは断然に個人事業のほうが有利
となります。運営上のルールはありませんし、会計方法も簡易です。現在の金儲けにしか手を回せない場合はこちらがお勧めなのではないでしょうか?まずは個人事業として信頼、実績を養い、堅実に業績を伸ばし、軌道に乗ってから法人化を検討してもいいかもしれません。

法人を作るということは定款や規則、税金、経理など複雑でかなりのパワーを使います本業に力を注ぎ込めなくなってしまっては元も子もありません。メリット・デメリット、違いをよく知ってから選択しなければなりませんが、事業規模が大規模でない場合は個人事業のほうが臨機応変に対応できると思います。

開業資金は個人、法人とも新会社法により制限がなくなりました。設立の手続きは個人の場合特に必要ありませんが会社となるとやや頻雑になり自力で出来なくはないですがかなり労力を要します。資金調達の面は出資不可で融資は国民生活金融公庫などからでも可能です。法人は出資、融資などの方法で調達可能になります。責任範囲は無制限で追求されますがこれは会社も借り入れ、リースは代表者が個人保証するのが通例ですので実質的には有限責任ですが無制限に追求されることが多いです。

会計処理は青色申告の場合でも簡易帳簿を選ぶことができます
が法人は複式簿記による記載が必要で複雑です。税金面は事業所得に対して所得税が課税され、地方税もかかります。会社の場合は全ての益金にたいして法人税がかかりもちろん地方税も徴収されます。

独立・起業で成功する方法
飲食店を成功させる方法

個人事業の限界
個人事業税金を解説
法人事業税金を解説
事業経営成功ノウハウ


事業を起こして金儲け
事業を始める前に
個人or法人どちらで事業する?
節税について解説
保険について解説
新会社法
週末起業で金儲け
会社を軌道にのせる
成功ノウハウサイト一覧




金儲け総合研究所